治療しても治らない肩こりや腰痛。当院の根本治療で改善される方が増えてきています。そもそも根本治療とは??[盛岡市 整骨院]

2018.07.30 | Category: 骨格矯正

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。
亀太郎はり灸整骨院の藤原恭平です。

これまで長年悩んでいた肩こり・腰痛。「昔からだしな~」「年だから」「職業病だから」など治らないと思っている方いませんか?

当院に来院された方で「改善された!!」「変化が出始めた!!」「楽になりました」などという声をいただいております。

当院の施術は【根本改善】を得意としております。

よく根本治療という言葉は聞くと思いますが

そもそも根本治療とはなんだ??と思われる方もたくさんいると思います。

根本治療とは痛みを取るのはもちろんです。その先には痛みの出る原因があります。その原因を治し再発のしづらい体作りを行っていく施術です。

 

根本治療に関して説明させていただきます!

痛みや体の不調の原因としては単純に筋肉が硬くなることにより痛みに変わります。筋肉が硬くなる原因は体のゆがみになります。ゆがみは日常生活のクセ、足を組む、片方の足に体重をかけるなどゆがみのでる原因としては例を上げればキリがないです(笑)この要因が大きなゆがみを引き起こします。

ゆがみはそもそも自分では意識しないと気づきません。

なぜなら、簡単にいうと歪んでいる状態を脳が正しいと認知しているからです。人間の脳には「形状記憶能力」というものが存在します。

形状記憶能力とは脳が体の状態を維持するために姿勢を記憶することができます。歪んでいる状態が続くとそれを正しい状態と間違って認識してしまいます。歪んでいる状態を治すには体のゆがみを正しい状態に戻すために矯正を行う必要があります。よく骨盤矯正座椅子、骨盤矯正をする服など市販でもたくさん売られています。人間の骨格はそれぞれ違いますので合う人、合わない人が大きく分かれます。実際に正しい位置に矯正する方法としては人の手を加えないと治すことができません。

テレビではボキボキする矯正を行っているシーンがたまに見受けられます。

当院でもボキボキするインパクトある矯正を行っています!!!

ですが中にはボキボキする矯正が怖いという方もたくさんいらっしゃいますので当院では2パターンの矯正があり、ボキボキする矯正とゆっくり動かすボキボキしない優しい矯正も行っていますので症状や希望に合わせ行っていきます。

上記の2パターンの矯正なのですが治療効果としてはほぼ変わりませんので無理に治療効果が高そうだからとボキボキした矯正を行う必要はありません。

矯正回数の目安として個人差はありますが6~8回を当院の目安としております。当院では骨格矯正を毎回行います。まず6~8回の矯正を行うことにより変化が出たり、安定したりと効果を実感される方がほとんどです。

 

他の施術メニューとしては

矯正だけでなくマッサージやハリ施術・超音波施術などを行います。

 

施術の大まかな流れとしては矯正の前にマッサージを行い、筋肉を緩めます。筋肉は基本的に骨にくっ付きますので筋肉は緩むと骨が動きやすくなるため骨盤矯正の効果が上がってきます。

 

他にハリ施術や超音波施術を行うことにより施術効果が増しますので合わせて行っていきます!

 

 

まずここまでお話したのが

根本治療の大事な部分、ゆがみの改善です。

大元のゆがみを改善することにより、体への負担が減るので長年の肩こり・腰痛の改善が見込まれます。

 

 

~初診時来院時の流れ~

①受付し問診表記入

 

②問診:詳しく検査し納得いくまで丁寧に説明します。(専門用語は使いません)

説明内容(原因・症状・施術メニュー・料金・通院計画など)

 

③施術開始(ハリ施術・超音波施術・マッサージ・矯正・テーピングなど)

改善に最適な施術を行います

 

④お会計

 

という流れになります。

 

 

当院は水曜日の午後のみ予約優先制となっております。予約を取ることにより基本お待たせせずご案内可能です。

他の曜日はお越しになった順番でのご案内になります。

※土曜日の午後・日曜日・祝日は休診です。

 

お盆期間のご案内です。

 

8月10日(金)1日予約優先制

11日(土)~15日(水) 休診

16日(木) 1日予約優先制

17日(金) 通常診療

18日(土) 午前診療

 

連休前後は混雑が予想されますので予約優先制になります。

 

お間違えのないようにお願いします。

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください!!

 

〒020-0124

岩手県盛岡市厨川1丁目11-2 1F

Home

☎ 019-613-9568

熱中症に要注意!!熱中症対策や見極めを学ぼう!!【盛岡市 整骨院】

2018.07.24 | Category: その他

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援・サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

7月も中旬に入り、暑い日が続いておりますね~。

テレビや新聞では毎日、天気予報や熱中症に関しての情報が流れていますね。

先日は、日本での過去最高の高気温が埼玉の熊谷で計測されました。

なんと41.1℃!!

東北人には想像できない暑さですね。

先日盛岡が37℃になった日でも外に出たくないと思いました(笑)

夏になると涼しい東北っていいな~っと感じます。冬になると真逆になりますが・・・・。

 

さて、今回はこの高気温が続く中で、実際に整骨院に来院されている患者様で熱中症になった患者様の話や対策に関してお伝えします。

ちょっと変わった熱中症でしたので、シェアさせていただきます。

 

一人目の患者様は、50代の女性会社員です。

週明けの火曜日に当院へ来院された際に会社が休みである、土曜日曜日にかけて熱中症になってしまったと教えてくださいました。

もともと、草取りをして腰を痛めて来院されている患者様でしたので、暑い日に草取りをして熱中症になってしまったにかなと勝手に想像していました。どのようにして熱中症になってしまったのか質問すると思いもよらない答えが返ってきました。

「家でお酒を飲んで熱中症になりました。」

とのことです。。。

皆さん、ピンときますか?おそらく想像しにくいですよね。

この患者様は外に出ていたわけでもありません。熱中症になったご本人も外に出ていたわけでもないし、朝起きたら具合が悪くなっていたそうで、二日酔いかなとはじめは思っていたそうです。

 

詳しくお話を聞くと次のようにして熱中症が発症したそうです。

 

仕事が休みだった土曜日の夜、次の日の日曜日も仕事が休みなために家で軽くアルコールを摂取したそうです。

特にたくさん飲んだわけでもなく、いつもと変わらず軽めに飲んだそうです。

そのまま、いつも通り、特に変わったこともなく就寝したそうです。

そして、翌朝、目が覚めると頭がクラクラしてなんとなく具合が悪かったそうです。

ご本人的にはそんなにたくさんお酒を飲んだわけでもないのに二日酔いになったのかなと思い、そのまま二度寝したそうです。

しかし、それからどんどん具合が悪くなり、吐き気を感じたそうです。

二日酔いであればどんどん体調は良くなるはずなのにおかしいなと感じながらも普段の疲れかな・・と思い再び横になっていたそうです。

そして、ついに具合が悪くなりすぎて吐いてしまったそうです。

どうしたものかと思い、とりあえず、二日酔いを早く治すには水分をとったほうが良いのではと思い水分を摂取しました。

すると、またすぐに具合が悪くなり摂取した水分もすぐに吐き出してしまったのです。

これは普通ではないと思ったそうですが、具合が悪すぎて動くことが出来なかったようです。

ひどい二日酔いだと思いながら、そのまま、水分を摂取しては吐きだし、摂取しては吐き出しを繰り返したそうです。

月曜日になりすぐに医療機関を家族に連れられて受診したところ、医師から「熱中症です。」と診断されたそうです。

 

本人も思いもよらなかった医師の診断名に驚いたそうです。

直射日光にも当たっていないし、運動をして汗を大量にかいたわけでもないのに。

 

医師の説明によると、土曜日にアルコールを摂取した際に水分を一緒に摂取しなかったことがまず一つ目の原因。

土曜日は特に外出するわけでもなく、家の中にずっといたので水分を意識して摂取しなかったそうです。

確かに暑い日に外出したり、炎天下のもとで何かをする時には水分を摂取しようと意識しますが、家の中では水分をこまめに摂取しようという意識は薄れますね。

そして、アルコールを飲んでそのまま寝てしまったために、水分不足が始まっていたようです。

寝ている間にエアコンを切っていたために汗をかいてしまい水分が失われてしまったのが二つ目の原因。

それからは時間が経つごとに本格的に脱水状態になったのです。

 

翌日も水分を摂取しようとしたが、吐き出してしまったために脱水がさらに進行したのです。

 

月曜日に熱中症の点滴を受けた後は非常に調子が良くなり、嘘みたいに元気になったとお話されていました。

 

今回のお話を聞いてアルコールを摂取するときは気をつけなければと感じました。

特にこれからのシーズン、天気の良い日に外でスポーツをして大汗をかいた後に、ビールで打ち上げという機会が増えます。

私の友人にもいましたが、ビール大好き人間は汗をかいても、わざと水分を補給せずに、カラカラの状態でビールを飲むのがおいしいと言っていました(笑)これって、熱中症に自らなろうとしている行動ですよね・・・。

 

また、外でバーベキューなどをした際にアルコールばかりを摂取して、酔った状態で水分を補給せずに、エアコンの聞いていないテントなどで睡眠をとった場合も危険ですね!酔った状態だと汗をたくさんかいたり、気温が高くても深い眠りに入っていると気づかない場合があります。

 

人間は睡眠中に非常に大量の汗をかくそうですからね。

 

この時期は普段から、水分をこまめに摂取する習慣をつけなければなりませんね。

 

一般的に、頭がふらふらしたり、めまいがしたりしたときは要注意です。

また、吐き気やしびれなども熱中症の特徴的な症状です。

体の筋肉に対しては足がつる、筋肉が痙攣した場合は熱中症の恐れが十分考えられます。

 

これからまだまだ気温が高い日が続きますし、外で活動する機会が増えると思います、対策を万全にして熱中症を防ぎましょう!

交通事故は多くなってくる時期です。スピードは控えめにして安全運転で楽しいドライブを心がけましょう。

 

亀太郎はり灸整骨院公式ホームページはこちら

どんよりした天気。腰痛・頭痛・肩こりなどの体の不調が悪化。なぜ悪化するのかご存知ですか?[盛岡市 整骨院]

2018.07.07 | Category: からだの痛み

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。
亀太郎はり灸整骨院の藤原恭平です。

梅雨時期でどんよりした天気が続きますね。ここ数年は空梅雨が続いていますが今年は雨の量が増えて本格的な梅雨が到来しています!!

 

雨の日が増えると頭痛・肩こり・頭痛などの体の不調を訴える方が増えてきます。

来院される患者さんの声として「いつも雨の日は辛くなります」「また雨か~」「体のだるさが抜けないです」などと症状の悪化する雨を嫌う方がたくさんいらっしゃいます。

 

そもそもなぜ雨の日や曇りの日には体の不調が起こるのかというと大きくは気圧が関係します!

 

天気が悪い日は低気圧になっていて、低気圧というものは体に様々な影響を及ぼします。

 

一番の原因となるのが自律神経の乱れです!

自律神経とは交感神経と副交感神経の2つからなります。

 

簡単に言えば

交感神経は興奮状態に関連する神経

副交感神経はリラックス状態に関連する神経です

 

気圧が低くなることにより、副交感神経が優位になり、血管が拡張し筋肉が緩みます。なのでよく雨が降り始めたり、曇り空の場合にダルくなる・眠くなったりするのはこの状態が関係していると言われています。

 

そして患者様からの声で最も天気が悪いときの症状として多いのは頭痛です。

自律神経は交感神経・副交感神経はお互いにバランスを取りながら働きます。2つの神経のバランスが乱れることにより血行不良を引き起こします。血行不良を引き起こすことのより頭痛を引き起こすと言われています。

 

対策としては

自律神経は走行上最も重要な場所は首にあります。首の筋緊張が強くなることにより自律神経に影響を及ぼすことがありますので、首の筋緊張を緩めることが大切です。緩めることにより自律神経への圧迫が無くなり自律神経が正常に働ける環境を作ることができます。

 

首の筋緊張を取るセルフケアの方法としてはストレッチなどを定期的に行う、湯船には毎日浸かるなど対策はたくさんあります。

 

当院でもこのような悩みを持った患者様がたくさん来院されます。

施術方法としてはいくつかあります。

まず一つ目は自律神経を整えるはり灸施術を行うことです。体には無数のツボがあります。東洋医学では人間の体には気があると言われております。気の流れが乱れると体は不調を起こします。ツボに鍼やお灸をすることで気の流れが整い、体の調子を良い方向に向かうことができ、さらに自立神経を整えることが可能です。

 

二つ目は骨格の矯正を行い根本的に整えることです。

骨格の矯正を行うことにより、筋肉へお負担を減らすことができます。長年の日常生活のクセによって、皆さん必ずゆがみを持っています。ゆがみのイメージとしては骨盤という土台があり、左右前後に傾きます。傾くことにより上に乗っている胸椎(背骨)・頚椎(首の骨)も自然とバランスをとるために歪みます。ゆがみがあると左右均等に負担がかからなくなるため、結果的に負担がかかりやすく、筋肉が硬くなりやすい体になってしまいます。骨盤を整えると左右のバランスが均等になるため負担がかかりづらくなります。

 

当院は整骨院になりますので骨格の矯正を得意としております。当院の矯正はよくテレビで見るボキボキしたインパクトのある矯正と骨をゆっくり動かす無痛の矯正があります。患者様によってはボキボキする矯正が苦手。。。という方はゆっくりボキボキしない矯正を行いますので安心してください。問診をして適切な矯正法を選択させていただきます。

 

骨格矯正の回数としては

結果的にいうと個人差が大きいです!

一回ではどうしても治すことはできません。

目安としては6~8回の矯正を行うことにより安定したり、変化を感じたりする場合が多いです。

 

当院は根本治療を得意としております。問診で詳しく検査し今の状態を詳しくお伝えさせていただきます。施術内容もたくさんあり、患者様それぞれに合った施術を提案させていただきます。

 

 

まだまだ天気が悪い日が続きそうです。

体調がすぐれない、体が痛い、根本的に見てもらいたいなど

体の不調を感じる際は早めの施術をオススメします。

 

必ず力になれると思います。お気軽にご相談ください!!!!

なかなか治らない耳鳴りは鍼灸治療で改善しやすくなる?!【盛岡市 鍼灸】

2018.06.15 | Category: 鍼灸治療

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康をサポート、応援させていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

今回は耳鳴りや難聴に関してお伝えしたいと思います。

 

6月に入り気温の差が激しくなってきましたね。

梅雨入りもし、気圧の変動も多くなっています。

 

この時期に当院へ来院される患者様で増える症状は

「頭痛・耳鳴り・めまい」です。

 

特に何をしたわけでもないのにある日突然、朝起きたら頭が痛くなり、なかなかよくならない。頭痛がひどい日は具合が悪くなり、ふらついたり、頭がぼーっとしたり、中には嘔吐してしてしまう方もいらっしゃいます。

梅雨時期になり一気に増えました。

 

また、耳鳴りが急に始まってしまったという方もいらっしゃいます。

気づかないうちに、「キーン」「ジー」「サラサラサラ」というような不快な音が耳の奥でなっているようになってしまうのです。トンネルに入った際に耳なりを感じたことがある方は多いと思います。通常はそんな時は、唾液を飲み込めばすっきりすることがほとんどなのですが、唾液を飲み込んでもすっきりしなくなってしまうのです。常に、あの耳鳴りが続いてしまうのです。すごく人の声が遠くに聞こえて、聞き取りにくくなりますし、いつもと違うのですごく気になってしょうがなくなります。

ほかにも、常に後頭部のあたりで「サラサラサラ」という音が聞こえたりするのです。

 

頭痛も耳鳴りもどちらの症状でお困りの方も脳神経外科や耳鼻科を受診されることが多いのですが、原因不明とされる方がいらっしゃいます。

当院へ来院される患者様の多くは、異常無し、原因不明と診断された方が多いです。

また、首や肩の筋肉の緊張が強くなりすぎて起こっているのではないかと診断された方も多くいらっしゃいます。

 

病院で処方してもらった薬を服用して症状が改善した場合は良いのですが、中には処方薬を服用しても症状が変わらない方も多くいらっしゃるのが事実です。

 

日常生活に苦痛を伴うために当院へ来院される方に共通するのが、やはり首と肩の筋肉の硬さです。

 

普段、肩こりや首コリを感じている方はもちろん、自分では筋肉のコリを普段、感じていない方でも発症してしまうのです。普段から、首コリ、肩こりを感じている方であれば、首肩の筋肉が硬くなっていることによって頭痛や耳鳴りが発生することは想像がつくかもしれません。

しかし、普段全く感じていない方は、筋肉が硬くなっているという実感がないので、首や肩の筋肉が硬くなっているために発症してしまっているという事が理解しがたいと思います。

 

当院では、このような患者様をカウンセリングした後に、そもそも首や肩の筋肉が硬くなる理由や原因をお伝えしています。

日常生活の中で発症してしまった、首や肩の筋肉の硬さは日常生活の中に必ず原因があります。この原因を理解していただくことで症状の緩和を早めることができ、また再発することを防ぐことが出来る可能性が高くなるのです。

 

当院で、頭痛や耳鳴りでお困りの患者様には鍼施術を行います。

 

Chaoyang city(中華人民共和国 朝陽市)の病院の耳鼻咽喉科と頭痛部外科の研究員たちは首に問題がある方の耳鳴りには鍼灸が効果があるという発見をしました。

 

症状に合わせた鍼灸では驚きの80%の効果率があるというデータです。

 

2000年のDr.Montazemの研究によると、首に由来する耳鳴りは

・頸椎椎間板の障害

・頭部と頸部の接合部分の不安定

などに起因しているという事が明らかになっています。

 

また、顎関節症などでも発症する場合があります。

 

 

当院で首や肩の筋肉に関して鍼施術をすると、効果が出るまでの期間は患者様により個人差がありますが、多くの方は症状が緩和、消失傾向にあります。

 

一回目の施術で改善を感じた方は非常に驚かれます。

 

人間の頭は背骨の上にのっています。背骨は骨盤の上に乗っていています。

この骨盤がゆがんで傾いたりしていると、その上にのっている背骨が歪み、首がゆがんでしまうのです。するとバランスを戻そうとして首や肩の筋肉に負担がかかります。

その負担が蓄積してしまうと筋肉のコリが生まれます。

つまり、筋肉だけ柔らかくする施術を施しても、原因である骨盤の位置を正しい方向に整えてあげないと、すぐに負担がかかり筋肉の硬さが再発してしまうのです。

これを繰り返していると慢性的な頭痛になることがあります。

慢性化した首、肩の筋肉の硬さはなかなか改善しにくくなってしまいます。

 

しかし、しっかりと骨盤の位置が整っていれば筋肉の負担が減りますし、硬くなったとしても回復しやすい状態になります。

 

将来のことを考えると症状を取り除くだけではなく、根本的に体のゆがみを取りのぞき、健康を維持できるようにすることが大切ですね。

当院で使用している鍼は治療用の中では非常に細いものを用いています。

鍼が怖い、痛そうと心配な方でも安心して受けていただけます。

小学生でも鍼を受けています。

また、当院で行う骨格の矯正は痛みを伴わないソフトなものです。

高齢者や女性でも安心して受けることが可能です。

頭痛や、耳鳴り、めまいなどでお困りの方はぜひ当院へお気軽にご相談ください。

スポーツ時の辛いアキレス腱やかかとの痛み。患者様が急増しています。悪化する前に早期施術を行いましょう。[盛岡市 整骨院]

2018.05.30 | Category: からだの痛み

温かくなってきたことによりウォーキングやランニングなど運動を始める方や中総体や高総体が近づき負担の増えた学生さんにアキレス腱やかかとの痛みが出る方が急増しています。

 

アキレス腱やかかとの痛みは主にアキレス腱炎であることが多いです。

 

アキレス腱炎とはなんなのか?

・アキレス腱やかかとに痛みがある

・走行時や歩行時に痛む

・アキレス腱を押すと痛い

・足首を動かすと痛い

・きしむような音がする(重症化した場合)

この項目に当てはまる場合はアキレス腱炎であることが多いです。

アキレス腱炎の他に似たような症状としてアキレス腱周囲炎やアキレス腱滑液包炎とあります。アキレス腱炎はアキレス腱自体が炎症を起こしているものに対してアキレス腱周囲炎やアキレス腱滑液包炎はアキレス腱の周りの組織が炎症を起こしているものになります。

実際どんな状態なのかというと

まず上記の3つは発生機序がほぼ一緒です。

 

ふくらはぎの筋である下腿三頭筋(腓腹筋内側頭・外側頭・ヒラメ筋)がオーバーユース(使い過ぎ) ・下腿三頭筋の柔軟性低下や筋力不足過度に伸ばしすぎている・不良姿勢シューズが合っていない・足関節のゆがみによるもの などの発生機序あります。

 

簡単にいうとふくらはぎの筋肉は膝裏からかかとに付きます。下腿三頭筋はかかとに近づくにつれてアキレス腱になります。そのふくらはぎの筋肉がスポーツや日常生活の負担により硬くなります。硬くなることにより筋肉の柔軟性が無くなりアキレス腱を引っ張ってしまい筋肉が炎症を起こし痛みを引き起こします。

 

中には下腿三頭筋がどんどん固くなりアキレス腱断裂を起こすことがあります。アキレス腱断裂とはアキレス腱が切れてしまう・一部が切れてしまっている状態になります。アキレス腱断裂を起こした場合は手術になることが多く、スポーツは長い期間出来なくなり、日常生活もままならなくなってしまいます。

 

当院の患者様で過去にアキレス腱断裂を起こし完治と医師に告げられたがアキレス腱の痛みがなかなか取れなく日常生活に支障の出てしまうという方も来院されていました。結局はアキレス腱だけを治しても下腿三頭筋が硬いままだとアキレス腱への負担は取れないままなのです。その方は施術を続け今では日常生活には支障のないようになっております。

 

当院の施術はどんな事をするかというと

当院ははり灸整骨院ですのでハリを得意としています!アキレス腱炎や下腿三頭筋の筋緊張にはハリが効果的です!!ハリをすることにより筋肉に傷が付きます。人間の体は傷ついたところを治そうとします。ですので、ハリをすると自己回復力が上がり治りが早くなります。

 

ハリの他にはマッサージで筋肉を緩め、筋肉の負担を減らすためにテーピングを行います。部活が忙しい、仕事が忙しいという方はテーピングの仕方も指導させていただきご自身で貼っていただくことも可能です。

 

全身のゆがみや足関節のゆがみなどにより負担がかかることも多いため必要な患者さまへは骨格の矯正も行います!例として足関節が内反足・外反足(足関節がまっすぐでなく内側や外側に歪んでいる)である場合もあります。その際は足関節の矯正を行い正しい位置に戻します。ゆがみは治しておかないと常に負担がかかり続けてしまいますので一度良くなっても再発がしやすくなります。根本治療を行いこれからのスポーツ人生や日常生活を楽に出来るように治療させていただきます。

 

 

高総体や中総体も始まり、ケガをして来院される学生さんが増えています。

 

最近では大会前日にケガ(足関節の捻挫)をされて疼痛が強く歩くこともままならないという患者様がいらっしゃいました。当院でハリ施術・マッサージ・包帯固定・テーピングの施術を行い、大会出場が絶望的と思われていましたが、痛みはあったそうですが無事大会出場をすることができたという患者様もいます。

 

ケガをしたらその日に施術や応急処置をすることが理想です。けがをしてからの間隔が空いた分だけ治りづらくなる傾向にありますので早めの来院をオススメします。

 

すぐに来院できなくても応急処置やケアの仕方などもお伝えすることも可能です!

 

ご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください( `―´)ノ

 

意外と知られていない産前矯正や逆子治療!お悩みの方は当院へお任せください。[盛岡市 整骨院]

2018.05.18 | Category: 骨格矯正

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。
亀太郎はり灸整骨院の藤原恭平です。

妊娠中の悩みで多いものとして

●妊娠中の体を整えたい(体の痛み) ②逆子 などがあります。

この2つについて当院での施術について説明していきます。

 

まずは妊娠中の体を整えたい(体の痛み)から説明します。

 

産前矯正があるのはご存知ですか??

妊娠中はお腹に赤ちゃんが入っているため骨盤がゆがみ姿勢が悪くなります。

お腹が前に出て反り腰になり、背骨は猫背姿勢、頚はまっすぐな姿勢になります。このように説明してもピンっと来ない方がほとんどだとおもいます(笑)

簡単に言うと痛みの出やすい骨格になっています!!

妊娠中のゆがみは赤ちゃんがどんどん大きくなるため治すことは難しいです。骨盤を妊娠前のもと状態に戻すのは産後矯正を行うのが理想になります。

妊娠中に出来る施術としてはマッサージをして骨盤を緩める。骨盤矯正をして、今出来る範囲で骨盤を整えることです。骨盤のゆがみは何個か種類があります。まずは妊娠中・出産後は赤ちゃんが入っている・入っていたことにより骨盤が外に広がっている状態。もう一つは骨盤が左右に傾いている状態(例:左の骨盤が下に傾き左足が長く見えるなど)妊娠中は骨盤が外に広がっている状態はなかなか治せませんが骨盤の左右の傾きは治せます。

骨盤のゆがみがあるとお腹の中に入っている赤ちゃんが窮屈に感じます。それにともない逆子になったり、横位になったりします。これによりお母さんの骨盤もより一層悪い方向にゆがみます。

 

実は妊娠中の骨盤はぐらぐらで安定してない状態です。ぐらぐらということは良いほうに考えると矯正をしやすいです。矯正を定期的に行うことにより正しい位置で徐々に骨盤が広がっていくことが可能です。

 

骨盤矯正をすることのメリットとしては胎児の環境を良くする。お母さんの体の痛みが軽減し負担のかかりやすい妊娠中を少しでも楽に過ごせます。他にはつわりが楽になる。お腹の張りが軽くなる、便秘の解消、産後の骨盤の戻りが良いなどあります。

最後に一つ!!!!不安の多い出産!安産が期待できます!!!!

骨盤が正常な位置にあると正しく子宮口が開くために体への負担も小さく赤ちゃんも出てきやすいです。

産前矯正していた患者様で陣痛から出産までなんと30分とスピード出産された方もいます!

 

少しでも妊娠時期から出産を経験するには施術が必要不可欠です!!!

 

次は逆子施術についてお話します。

逆子で悩んでいるお母さまが来院されることがあります。

 

逆子施術はどんなことを行うの??

よく聞くのが逆子体操を行うやお灸を行うがありますが

この2つは充分効果はあります!!

 

ですがさらに効果を出す方法があります。まず当院ははり灸整骨院ですのでお灸を行います。お灸は逆子に有効なツボを使用します。お灸をすることにより胎児を動かすホルモンが分泌され、胎児の動きが良くなります。動きが良くなることによりその反動で逆子が治るというものです。

 

お灸以外の施術としては先ほど説明した骨盤矯正です。骨盤矯正を行い胎児が動きやすい環境を作ります。その状態でお灸を行うことにより施術効果が増します。

 

お灸は逆子が治るまでは毎日行う必要があります。毎日通うなんて無理。。。ってお母さんがほとんどだと思います。当院のお灸は初診時にお灸のやり方をお伝えしてご自身でご自宅で行っていただく形をとっております。当院で使用するお灸はシール式で火傷しづらいタイプを使っていますので安全に行うことが可能です。実際のところ小学生でも一人で行っています。

 

毎日通うことができる!不安なのでお灸を当院でやって欲しい!という場合は当院で行わせていただくことも可能です。

 

ほとんどの方は初回にお灸のやり方をお伝えします。その後マッサージを行い、筋肉を緩め骨格矯正の効果が出やすい環境を作り骨盤矯正をします。

 

施術のペースとして週1~2回を目安で骨盤矯正を行っていくことが理想です。

 

中には赤ちゃんのためにと出産の前日まで体を整えにいらっしゃっている患者様もいます。

 

妊娠中は何かと忙しいことがたくさんあり、トラブルがあってしまうものです。

当院ではお話を聞かせていただいてその方にあった施術を提供させていただきます。

お困りの方や何かご不明な点があればお気軽に当院へご相談ください。

盛岡市でテニス肘の痛みでお困りの方必見!早期回復するには!?

2018.05.18 | Category: からだの痛み

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援・サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

最近、当院へご来院される患者様で「テニス肘」でお困りの方が増えています。

このテニス肘は「外側上顆炎(がいそくじょうかえん)」といいます。

次のチェック項目に当てはまるという方はテニス肘(外側上顆炎)の可能性があります。

・物をつかんで持ち上げるときに肘の外側に痛みを感じる。

・雑巾を絞るときに肘の外側に痛みを感じる。

・動かさないと全く痛みはない。

・PC作業で文字を長時間打ち込んだり、マウスを長時間使うと肘の外側に痛みが出る。

・テニスボールをバックハンドで打つ際に痛みが出る。

 

いかがでしょうか?

正式には外側上顆炎という名称なのですが、

テニスプレーヤーに多く発症する症状のためにテニス肘と呼ばれています。

手関節を手の甲の方向に動かすときに使用する筋肉に負担がかかりすぎると、

その筋肉が骨にくっつく部分である、上腕骨の外側上顆という部分に炎症が起きます。

炎症が悪化してしまうと、動かすたびに痛みが生じるようになります。

 

経験したことが無い方は想像がつかないと思いますが、非常に痛いのです。

これまでの日常生活では全く痛みが出ないような負担のかからない動作でも、

外側上顆炎になると痛みが出るのです。

 

皆さんはパソコンのマウスをクリックして肘に痛みが出るって想像できませんよね?

外側上顆炎はこのような一般的には負担がかからないような動きでも痛みを感じるのです。

それだけ、やっかないな痛みを出してしまう傷病なのです。

外側上顆炎でお困りの方が周囲にいましたら優しくしてあげましょうね(笑)

重いものは絶対に痛みのある側の手に持たせたらダメですよ!?

 

さて、この外側上顆炎。どのような治療方法があるかというと、

まずは安静にして、肘に負担がかからないようにしてください。

また、手首や手の指の筋肉を柔らかくするために前腕のストレッチをこまめに行います。

それでも症状が改善しない場合は、湿布や外用薬を使用する方もいらっしゃいます。

また、整形外科では肘に注射をすることもあります。

しかし、それでも痛みがとれないという患者様が非常に多いのも外側上顆炎の特徴です。

当院へ来院される患者様でも病院を受診し、注射を行い、テニス肘専用サポーターを装着して生活を送っているが痛みが全くよくならない。

という方が結構多いです。

 

日常生活で腕や手って本当にたくさん使用しているのですね。なかなか負担をかからないようにするって難しいことですよね。
では、当院ではどのように治療させていただいてるか紹介させていただきます。
当院では、上記のような治療を受けても改善が感じられない患者様に関して、
鍼施術を行っています。筋肉を柔らかくする筋肉調整ももちろん行います。また、キネシオテープを外側上顆炎に適した貼り方で貼っています。
そして、再発防止のため(筋肉が弱い方は負担がかかると再発しやすい)にストレッチや筋肉トレーニングを指導させていただいてます。
鍼は筋肉に刺すことによってさまざまなメリットがあります。
・血流を良くして筋肉の動きが良くなる状態を作る。
・はりによる鎮痛効果で痛みを和らげることが期待出来る。
・回復力が上がる可能性を持っている。
キネシオテープは、リンパ液の流れを良くしてくれる働きがあるために患部の状態を良くしてくれ、回復を早めてくれる可能性が高くなります。
実際にテニスのレッスンコーチやテニスプレーヤー、建設業、調理師、PC作業、主婦などと様々な方が来院されています。
治療を開始してすぐに痛みが無くなるものではありませんが、継続して治療をしていくとほとんどの方は改善します。
また、しっかりと当院で指導したストレッチや筋力トレーニングを続けている方は再発も少なくて済んでいます。
痛みが出てからすぐに治療を開始できた方の場合は数日で痛みが無くなる可能性もあります。
また、数カ月痛みをかかえている状態の方も治療計画を立ててしっかりと治療をしていくことが大切です。
なかなか痛みの取れないテニス肘(外側上顆炎)でお困りの方は亀太郎はり灸整骨院へ気軽にご相談してください。
亀太郎はり灸整骨院のテニス肘治療はこちら

当院で人気の産後骨盤矯正!!お子さん連れの方もたくさん来院されています!

2018.05.01 | Category: からだの痛み,骨格矯正

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。
亀太郎はり灸整骨院の藤原恭平です。

 

当院で人気の産後の骨盤矯正について説明します。

 

実際のところ『子供を連れて行っていいのか』『子供を連れて行くと迷惑をかけるかも...』など

不安になっている方が多く、その結果産後の骨盤矯正を行わない方もたくさんいるのが現状です。

 

当院では毎日赤ちゃん連れの患者さんがいらっしゃっています。

なぜたくさんの子連れの方がいらっしゃるのか。

●キッズスペースが完備。(たくさんのおもちゃがあります)

②バウンサー(赤ちゃんを乗せるゆりかご様の物)を完備。

③スタッフが空いている際はお子様と遊んだり、抱っこをしたりと子守りをします。

 

患者様からの声としては「子供を見てもらえるので安心」「通える治療院が見つかって良かった」などの声をたくさん頂いています。

 

 

スタッフ全員子供が好きですので赤ちゃんを抱っこすることや子供と遊ぶのは誰がするかで取り合いになるときもあります(笑)

 

お子様連れでも大歓迎ですので安心してご来院ください(^_-)-☆

 

 

次は当院の産後の骨盤矯正に対しての施術を説明します。

 

最初に言っておきます!【当院では痛い施術は一切行いません。】

骨盤矯正って聞くとボキボキする矯正を想像される方がほとんどですが

当院でもボキボキする矯正を行っていますが、産後矯正に関しては妊娠出産により骨盤がまだ安定してないためボキボキせず骨をゆっくり動かす優しい無痛の矯正を行いますのでご安心ください。

 

そもそも産後の骨盤矯正とは?についてですが

妊娠中にお腹に赤ちゃんが入っていることにより、骨盤が広がります。出産後もある程度広がった状態になります。この広がった骨盤を治すには半年以内がベストと言われています。よく産婦人科などで骨盤ベルトをしなさいと言われますが骨盤ベルトだけでは完全に治すことは難しいので、骨盤ベルトと産後矯正を併用して行うことが効果的です。

ある程度骨盤が安定してしまうと元の状態に戻すのは難しくなってしまいます。来院された際には細かく骨盤の状態を見させていただき患者様一人一人にあった施術を心がけて行っていきます。

 

産後矯正のメリットは何があるの?

・痩せやすくなります!!

産後矯正をしないと骨盤周りの循環が悪くなり、内臓の位置もゆがむので代謝が悪くなり体重増加につながります。出産後は体重が増える方が多いです。産後矯正を行うと骨盤が正しい位置に戻るため自然と内臓の位置が整います。施術を受けた方でいつも通りの生活をしていても2~3㎏落ちた方もいらっしゃいます。

 

・妊娠前の体系に戻れます。

出産後いつも履いていたズボンが履けなくなった!!とよく聞きます。産後広がった骨盤をもとに戻すものが骨盤矯正になりますので妊娠前履けていたズボンを履けるようになる方がほとんどです。あともう1つ、骨盤が開いているとお腹の下に空洞ができて脂肪が流れ込みます。よく出産後は下っ腹が出ると言われます。骨盤が閉まることにより空洞が無くなるので下っ腹がでるリスクを減らすことが可能です。

 

・体の痛みが出づらくなります。

骨盤のゆがみが残った状態だと体に負担がかかり、腰痛や肩こりなどの体の不調を訴えやすくなります。骨盤矯正を行うと体のバランスも良くなり、痛みの軽減や痛みの出づらい体を作ることが可能です。

 

次は当院での産後骨盤矯正の施術方法について説明します。

マッサージを行い筋肉を緩めます。緩めることにより骨盤矯正の効果が高まります。マッサージ後に骨盤矯正を行い整えます。筋緊張が強かったり痛みが強かったりした場合はハリ施術を行います。鍼施術はハリを刺すことにより筋肉に傷をつけることにより回復力を上げます。人間の体は傷ついたところを治そうとするため患部に直接回復力を上げることができ効果的です。詳しくは問診で診させていただき判断していきます。※ハリは必ず行うわけではないです。

 

産後骨盤の期間はどれくらいかかるの?

 

結論で言うと個人差が大きいです。早い方ですと一か月。長ければ三ヵ月以降かかる場合があります。当院の目安としては6~8回の施術を一つの目安とさせていただいています。6~8回で何かしらの変化を感じる方がほとんどです。通院のペースとしては週に一回がベストです。もし来れない場合は週一回でも週二回の方によりは施術の期間はかかりますがしっかりと改善します。

 

 

 

不安なことも多い産後の骨盤矯正。スタッフ一同しっかりとサポートさせていただきます。ご不明な点はお電話などでお気軽にご相談ください。

ヘルニアを持っている方必見!当院での椎間板ヘルニアに対しての施術や患者さんの声について

2018.04.13 | Category: からだの痛み

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院の藤原恭平です。

 

 

当院では腰が痛い。お尻から足にかけて痛い、しびれが強くて日常生活が辛いなどのヘルニアの患者様がたくさん来院されています。

 

その中で多いのが整形外科で治療していたが変化がない、または悪化してきた。

さらに重症な方だと手術をしないと良くならないと言われ、手術が嫌なため整骨院だとどうにかならないかなという事で来院される方が多いです。

 

そもそもヘルニアとはどういうものかというと

ヘルニア:体内にある臓器が本来あるべき場所から突出してしまった状態を言います。

例:椎間板ヘルニア・臍ヘルニア(でべそ)・鼠径ヘルニア(脱腸)などがあります。

 

その中でも当院で施術出来るものとして【椎間板ヘルニア】があります。

 

椎間ヘルニアとは頚椎(首)・胸椎(背)・腰椎(腰)などの一般的には背骨と呼ばれる部分。構造上では頚椎と腰椎で起こる場合が多いです。頚椎は7つ・胸椎は12個・腰椎は5個あります。一つ一つの骨の間には椎間板と言われるクッションがあります。椎間板はバウムクーヘンの様な形をしていて、食べる部分を繊維輪。穴が開いている部分に髄核というゲル状の組織が入っています。腰椎や頚椎に負担をかけることにより椎間板(バウムクーヘンの部分)がつぶれ、中に入っている髄核(ゲル状)が外にはみ出します。背骨の外側には神経が出ていて腕神経叢(首から腕にかけて)・坐骨神経・大腿神経(腰から足全体にかけて)などがあります。この神経を髄核が圧迫することにより痛みや神経症状(しびれ・だるさ・違和感・力が入らない・温感冷感…)などの症状を起こします。

 

結論から言うとこのようにヘルニアがある部分は整骨院では治せません!!

 

ですが症状は軽減するのです!!そこについて詳しく説明します!!!

 

まずは整形外科で手術を実際に受けた方で来院された方がいます。

その方は手術をしても症状の変化がなかったそうです。

※医師からは手術をしても症状が残るかもしれないとお話があったとのことです。

 

それはなぜかというと人間の体は大元にゆがみがあります。ゆがみがあることにより筋肉や骨に負担がかかり痛みやヘルニア引き起こします。実際ヘルニアの症状を起こすまでの段階で必ず筋肉にも負担はかかります。筋肉は負担がかかると硬くなります。硬くなることにより痛みを引き起こします。神経症状に関してはヘルニアだけが神経を圧迫するわけではなく筋肉も神経を圧迫する要因になります。

 

当院に来院された方の大半はヘルニアだけの症状ではなくて、筋肉による神経圧迫も関連している場合やそもそもヘルニアの症状は全く出てなくて筋肉による神経圧迫の場合もあります。もしヘルニアが症状を出していたとしても100%ヘルニアが圧迫しているわけではないので症状の改善はしっかりと見込めます!

 

ヘルニアの部分に関してはゆがみや骨の周りの筋緊張を取り負担を減らすことで悪化しなくなります。そうすると人間の体には不要な部分を食べてくれるマクロファージ(白血球の一種)という細胞があり、少しずつ食べてくれるので徐々に無くなってきます。

当院の施術内容としては、大元のゆがみに対しては骨格矯正。ボキボキする矯正もあればゆっくり動かす優しい矯正がありますので症状に合わせて使い分けています※ボキボキが怖い方は無理に行いません。筋肉の硬さにはマッサージ。痛みや神経を圧迫している部位にはハリ施術や超音波治療器を行い根本的に施術していきます。

 

ハリ施術はWHO(世界保健機構)では神経痛にはハリが効くと実証しています!!

 

患者さんの声としては「手術しないで早く来ればよかった」「変化がなかった症状が楽になってきている」など喜びの声もたくさんいただいております!

 

一般的に整骨院でヘルニアや坐骨神経痛の施術が出来ることについて知らない方がほとんどです。原因が筋肉であれば整骨院の得意分野にあたります。腰痛・神経痛・肩こり・捻挫などの症状に関してはしっかりとお力になれるとおもいますのでお気軽にご相談ください!!

必読!!盛岡市で花粉症治療の病院探しでお困りの方へ【盛岡市 整骨院】

2018.04.10 | Category: 鍼灸治療

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

4月に入り、多くなっているのが花粉症。

気温も高い日が多くなり、花粉の飛沫量が増えてきました。

普段は「雨の日は嫌だ」と感じますが、花粉症の患者様はこの時期は

「雨降らないかな~」と雨を待ち望む傾向にありますよね(笑)

今年の花粉は例年の約120%程度だそうです。

120%!!多いですね。それは花粉症症状がひどい患者様が多いわけですよ。

去年の約3倍だそうです(T_T)

 

院長の尻引自身、以前は花粉症で悩んでいました。

鼻水がつまり、目のかゆみが出て、ひどいと顔が腫れてしまいました。

サッカーをやっていましたので、試合の時は体温も上がりますので炎症反が強くなり、

後半は顔が真っ赤で腫れていました。

また、鼻がつまっているので呼吸が苦しく、口呼吸になるためのども痛くなってしまうくらいでした。

花粉症の薬を使用していましたが、治るわけではなく、毎年春と秋は嫌な時期でした。

 

しかし、現在は花粉症から卒業できています。

卒業してから、5年が経ちますが再発していません。

なぜ、私が花粉症から卒業できたのか。。。。

私は五年前に仙台の鍼灸院で修業をしました。

その際に、師匠に花粉症を根本から改善する目的の鍼施術を受けました。

最初は、薬を使用してもつらい症状でしたので正直

「鍼で本当に治るの・・?」

と師匠に大変失礼ながら95%以上疑っていました(笑)

しかし、あまりにも症状が強くマスクをしていても声がかれてしまったり、目がかゆくて集中できなかったりしていたので、

師匠や先輩にお願いして春の花粉症がひどい時期に数回、花粉症の施術をしていただきました。

すると、鍼と相性が良い(鍼をすると非常に効果が出やすい体質)の私は初回の鍼施術中から、

鼻のつまりが無くなり、鼻が通っていくのを実感しました。

「マジで~~~~(^-^)!!!!」って感じです。

 

そして、初回の施術が終わるとすべてが治ったわけではありませんが、明らかに症状が軽くなっていることを実感したのです。

数日経つと再び症状が出たり、症状が楽な日は調子に乗ってマスクをせずに外に出て症状が強く出てしまったり(自己管理不足です・・)という状態でしたが、確実に薬を使用して症状を抑えていた時と比べて改善しているのがわかりました。

 

翌年は花粉症が始まる3月下旬の前にすでに花粉症の鍼施術を開始していました。

すると、花粉の飛散量が多い時期はさすがに薬を使用しましたが、薬を使用せずに何ともない日が多くなりました。

その年も花粉症が落ち着く5月頃まで師匠や先輩に施術をしていただきました。

 

すると、その年の秋は花粉症の症状がほとんど出ずに薬を使用せずに過ごすことが出来たのです。

 

現在は一年間通して薬を一切服用していません。

仙台の師匠のもとを卒業して、盛岡市で開業して5年になりますが花粉症に悩まされることが無くなりました。

人生変わりました(笑)!!

 

ありがとうございます!師匠!先輩!

仙台の修行先は3月、4月は花粉症の鍼施術を目的の患者様が非常に多かったです。

土曜日など仕事がお休みの方が多い日は開店前から外に行列ができていました(笑)

なかなか治療院で開店前から行列のできるところは少ないと思います。

人気のラーメン屋みたいでした(笑)

 

この師匠は今年からなんと全国で花粉症の鍼施術の講師を務めています。

すごく治療技術の高い師匠だとは感じていましたが、東北だけではなく全国でも名の知れる先生になられました。

そんな師匠にご縁があって技術を教えてもらえた私はかなりラッキーだと思います。

 

まずは、花粉症に鍼が効果があるということを知っている方が少ないので盛岡市の方々にもたくさん知ってほしいなと感じています。

薬で症状を抑えている方は多いと思いますが、根本的な改善を求めている方はもっと多いと思います。

 

最近では、花粉症で悩んでいる患者様がはり施術で症状が改善したから、ご家族を紹介してくださることが増えています。

先日は6歳の女の子が母親の紹介で施術に来院されました。

 

本日は、10年以上花粉症がひどく、薬を飲んでも頭痛までしてしまい春は外に出ることが出来なかったという女性が昨年の鍼施術で今年は外で畑仕事を行えるまでになったという嬉しい報告とその息子さんをご紹介してくださいました。

息子さん自身も初めての鍼施術でしたが、施術中に鼻詰まりが解消されていく感じを実感されていました。

 

なかなか「鍼」というと注射のイメージが強く、怖い印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

亀太郎はり灸整骨院で使用している鍼は非常に細くて柔らかい鍼を使用しております。

また、滅菌済みで一回ずつ使い捨てです。

初めて鍼施術を受ける患者様は

鍼を刺したのにもかかわらず、「もう刺してあるんですか?」

「注射とかに比べると痛みが少ないですね。」

という反応が多いです。

ぜひ、「鍼」=「痛い」という先入観を捨てていただけると嬉しいです(笑)

 

なお、当院の花粉症施術中は現在使用している薬は並行して服用していただいて構いません。

花粉症でお困りの方はぜひ、亀太郎はり灸整骨院へご相談ください。

 

亀太郎はり灸整骨院の花粉症施術サイトはこちら