盛岡市の亀太郎はり灸整骨院の膝痛施術について

関節が変形してしまう前に膝痛を改善

膝痛が起こっても、軽い痛みのうちは我慢してしまっている方も多いのではないでしょうか。しかし、放っておくとどんどん痛みが強くなり、普通に歩くだけでもつらくなってしまうこともございます。膝痛というのは軽視せずにお早めに施術を受けることが大切です。当院ではお客様お一人お一人の症状に合わせた施術や予防の為のセルフケアの指導をおこなっております。

「膝以外の部位にもある原因」

膝痛の原因というのはお客様ごとに異なります。たとえば、激しい運動(オーバーユース)をしているために負担がかかり過ぎてしまっていること、または加齢によって膝軟骨がすり減ってしまっているということ、その他にも直接、膝に原因があるわけではなく骨盤にゆがみがあったり、股関節の動きが悪いことで膝痛を引き起こしていることもあるのです。当院ではまずはきちんと原因を見つけていくことから始めていきます。痛みの原因が骨にあるのか軟骨なのか、靭帯なのか、膝関節以外の関節や筋肉に原因があるのかなど考えられる原因を丁寧にカウンセリングします。

「放っておくと変形を伴うことも多い」

膝痛をそのまま放っておくと、関節部分にある軟骨のすり減りが進み、さらには関節自体を変形させてしまうこともあるのです。軟骨は自己回復しないと言われていますので、一度変形してしまうと元には戻らないこともありますので、早めに改善させていきましょう。正座や階段の上り下りで膝が痛いという症状が悪化して変形してしまうとしゃがむことが出来ない、歩いていても痛みを感じてしまう様になる場合があります。

「膝関節を痛め無い様にするためには」

膝痛が発生して早期に施術を受け症状が緩和したとしてもそのままで生活をすると再び症状が出てしまうことがあります。それは、筋力が不足している場合に多く発生します。膝関節は太ももの筋肉によって支えられています。筋肉が弱いと膝関節への負担が増えるために再発がしやすくなるのです。加齢に伴って発生しやすい膝痛はまさに筋力不足が影響します。また、スポーツで膝関節を怪我した方は太ももの筋肉をしっかりと鍛え直すことによって復帰が可能になり、更に再発予防にもつながります。しかし、太ももの筋肉を鍛えれば良いのはわかっているがどの様に鍛えたら良いかわからないお客様もいらっしゃいます。当院では、症状に合わせてトレーニングが必要な筋肉をご説明し、実際にその場でトレーニング方法を指導させていただきます。

骨盤矯正