目次(クリックで開閉)
こんなことでお悩みではありませんか?
アキレス腱の痛み
  • 走るとアキレス腱が痛い
  • スポーツをすると踵が痛い
  • アキレス腱をつまむと痛い
  • 起床時や動き出しにアキレス腱や踵が痛い
  • アキレス腱が腫れている

アキレス腱炎の原因

アキレス腱はふくらはぎの筋肉と踵(かかと)骨をつないでいる太くて丈夫な腱です。アキレス腱炎はこの腱の部分に炎症が発生している状態です。足首を動かす際にアキレス腱に負担がかかります。負担が大きくなりすぎると、アキレス腱やアキレス腱の周囲、アキレス腱が踵に付着する部分等に痛みが出ます。一般的には、陸上の短距離ランナー、長距離ランナー、ジャンプを頻繁にするバレーボールやバスケットバールなどのスポーツ選手に多く発生します。

スポーツをする際にアキレス腱には非常に大きな負担がかかっています。その際に、アキレス腱は微小な損傷を繰り返します。この微小な損傷の繰り返しがアキレス腱に炎症を引き起こし、痛みを発生させます。

アキレス腱炎を放っておくと起こることは?

アキレス腱炎の発症初期は、弱い痛みや違和感を感じることが多いです。

発症初期は、痛みもそこまで強くないので、安静にせずにスポーツを継続される方が多いです。しかし、そのままスポーツを継続したり、痛みを放っておいたりすると炎症が強くなり、痛みや腫れが出ます。そして、痛みが強くなると、歩行や階段の昇り降りなどの負担の少ない日常生活動作でも苦痛が伴いようになってしまいます。

また、アキレス腱にしこりの様な腫れが出てくる事もあります。何度も繰り返し炎症を起こしていると、組織が繊維状に瘢痕(はんこん)化してしまいます。この瘢痕組織は、元に戻ることは難しく、柔軟性に乏しい組織の為にスポーツをすると疲労がたまりやすくなり、瘢痕組織の周辺への負担も増えてしまい、新たなケガの発生につながることがあります。

正しく施術を受けて再発しにくい状態にしておくことが大切です。

当院のアキレス腱炎の施術方法は?

施術の様子当院ではアキレス腱炎に対して、鍼施術、筋肉調整、骨格矯正、テーピングなどを行い、早期回復と再発予防を目指します。

まずは、アキレス腱に負担をかけてしまっている、ふくらはぎの筋肉の柔軟性を取り戻します。ふくらはぎの筋肉の柔軟性を取り戻す為に、鍼施術により、自己回復力を高め、筋肉調整により血流を改善します。更に片足のみにアキレス腱炎が発症している場合は、左右の荷重バランスが崩れていることが考えられます。アキレス腱炎が発症している方に、荷重バランスが崩れてしまう要因である、骨格の歪みを骨格矯正により整えます。

歪みを整えることで、左右の足でバランスよく負担を分散することができ、再発の予防につながります。

また、スポーツを継続しながら施術をする場合は、テーピングを行い、ふくらはぎの筋肉とアキレス腱をサポートして悪化を防ぎます。試合前は高いパフォーマンスを発揮できるように最適なテーピングを行います。自宅で出来るストレッチなどのセルフケアや再発予防の為にトレーニング方法などもアドバイスをしております。

 

アキレス腱炎 案内動画

LINEで気軽にご相談

亀太郎はり灸整骨院への質問や相談はこちらのLINEに友達登録すれば当院のスタッフから詳しいお話を聞いていただけます!

  • 事前に相談したいことがある
  • 亀太郎はり灸整骨院に行こうか悩んでいる
  • 興味があるけど話を聞いて決めたい

など、そんなお悩みもLINEで話を聞いておくとイメージしやすいですよ!
ささいな相談でも歓迎です!ぜひお気軽に友達登録してメッセージください!

Copyright © 亀太郎はり灸整骨院 all rights reserved.