ホーム > Blog記事一覧 > 鍼灸治療の記事一覧

プロの鍼灸師より感想をいただきました。【盛岡市 整骨院】

2017.09.29 | Category: その他,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

当院は、日常生活上でのケガや外傷の施術の他に、五十肩や慢性の肩こり、腰痛、ひざ痛などの慢性痛の痛みに関する施術を得意としております。

 

五十肩や慢性疾患は、ただマッサージをしたり電気をかけただけでは改善しにくい症状です。

 

当院は鍼灸施術を行っております。

慢性の症状には鍼灸施術が非常に有効です。

 

先日、五十肩の症状でお困りの女性患者様が来院されました。

3か月前から右肩に痛みが出現し、最近は痛くて腕が上がらないということです。

肩関節の関節可動域も非常に狭くなっており、仕事にも影響が出ているとのことでした。

少しでも早く治したいということで五十肩に対する鍼施術を行いました。

 

一回で五十肩の症状を取り除くのは難しいのですが、鍼施術をすると効果が期待しやすくなります。

一回目の施術後に

「あ、すごく動きやすい!!」

という言葉をいただきました。

 

そして、そのあとに驚く一言が!!

「私、鍼灸師なんです。」

なんと国家資格保持者でした(笑)

 

その後に非常にうれしい一言をいただきました。

「こんなに鍼を痛み無く打って、一回で楽にするなんてすごいですね!」

と。

 

本当にうれしかったです。

当院は施術用でかなり細い鍼を使用しております。

細い分患者様の痛みがすくないのですが、鍼自体が柔らかく打つ際にふにゃふにゃ曲がりやすいので打ちにくいのです。

 

この鍼灸師の患者様は

「よくこんなに細い針を患部に打てますね~」

と驚いていました。

 

「はい、すごく練習しました」

と言いました(笑)

 

 

当院には医師や同業者の先生、整体やマッサージで活躍されている先生たちも治療に来院されます。

同業の先生を治療するのは少し緊張しますが(笑)、喜んで治療させていただきます。

 

 

経験したことがない方だと

「鍼」

と聞くと怖い、痛そうというイメージをお持ちの方がいらっしゃると思いますが、

当院の鍼治療を受けた方のほとんどが思ったよりも痛くないというお声をいただきます。

鍼は怖いけれど受けてみたいという方、ぜひ、当院の痛みの少ない鍼施術を体験してみませんか?

朝起きたらあごが痛かった【盛岡市 整骨院】

2017.09.28 | Category: からだの痛み,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

 

亀太郎はり灸整骨院です。

 

本日は顎(あご)の痛みに関してです。

 

みなさん顎に痛みを感じたことはありますでしょうか?

 

女性のほうがあごを痛めやすいので女性は痛みや違和感を感じたことが多いと思います。

それには理由があります。

 

女性のあごの関節は関節のはまりが浅く、

ずれやすいからです。

 

あくびをした時や大きく口を開けて食べ物をほおばったときにあごがずれやすくなります。

あごが外れたときは口を閉じることができなくなりますので、

「外れた」

とわかるのですが、あごが外れていないのにあごに痛みが出現することもあります。

 

今朝、一番であごを痛めた女性が来院されました。

あくびをしたわけでもなく、硬い食べ物をかんだわけでもなく、

一週間前からあごに痛みが出始めて、2~3日前に痛みが強くなり、それからどんどん口が開かなくなってしまったそうです。

 

このように痛みが出る場合もあります。

 

実際に触診してみると、右側の顎の筋肉が異常に硬くなってしまっていました。

筋肉が固くなると口は空きづらくなります。

あごに微妙なずれが生じたことにより、関節内の軟骨の位置が悪くなると痛みを発します。

 

回復を早めるために鍼施術をし

マッサージで筋肉を緩めて、

あごの矯正をすると口が開きやすくなっていました。

 

気をつけていただきたいのは、痛みの出ている顎関節を無理やり大きく口を開けるようなことをすると余計に負担がかかり痛みが増強することがあります。

あごが痛いとついつい口の開け閉めを繰り返し、痛みを確認してしまいがちになります。

すると、痛んで炎症を起こしている筋肉にさらに負担がかかってしまうために、痛みが増してしまうことがあります。

 

ご自身でできることは、まずは一刻も早く医療機関を受診したり、

蒸しタオルで顎を温めてあげると筋肉内の血流がよくなり筋肉が柔らかくなりやすくなります。

 

整形外科でレントゲン上は異常がないが、顎に痛みがあるという方も気軽にお相談ください。

 

 

岩手県盛岡市厨川1-11-2ハイツ吉永1F

亀太郎はり灸整骨院

019-613-9568

クリックすると新しいウィンドウで開きます

不妊・妊活中の方へ鍼施術で体を整えましょう【盛岡市 整骨院】

2017.09.28 | Category: からだの痛み,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

涼しいを通り越して寒い日が増えてきましたね。

盛岡市の朝は特に肌寒さを感じるようになってきました。

 

気温差が大きくなってくると体調を崩しやすくなります。

 

風邪などを引かないように皆さん気を付けましょう。

 

さて、今回は当院で

「不妊・妊活」

でお悩みの方へ行っている鍼施術のご紹介です。

 

不妊や妊活でお悩みの方は非常に多くいらっしゃいます。

妊娠、出産は非常に神秘的なことですよね。

すんなり妊娠する方もいれば、なかなか妊娠することができす、何度も不妊治療を受けている方もいらっしゃいます。

 

患者様の中にもそのような悩みをお持ちの方が多く、非常に多く相談を受けます。

 

私が考えになりますが、妊娠は男性も女性も体の状態をよくすることで妊娠の確立を上げていくものだと考えています。

 

そのため、当院の不妊、妊活の施術は鍼施術で行います。また、冷えは万病のもとと言われるように、冷えをお灸で改善していきます。

 

過去に当院で施術を受けられた方がどのような状況の方がいらっしゃったかというと

体外受精を行っているが着床がうまくいかない。

タイミング法を行っているが妊娠しない。

これから不妊治療を行う予定だがその前に鍼施術を行い、自然妊娠したい。

というような方です。

 

施術をして体を整えることにより、

これまで何度も体外受精を失敗してきたが成功することができた。

採卵時の卵子の状態が良くなり、元気な卵子を採卵することができた。

40歳を過ぎて体外受精を繰り返し行っていたが妊娠せず、鍼施術を行ってからすぐに自然妊娠した。

などという声をいただいております。

すべてが鍼施術だけの効果とは言えませんが、何か手助けになっているとは感じます。

患者さんからも体調が良くなる実感があるというお声をいただいております。

 

もし、不妊や妊活、または体調不良を改善したい方はぜひ、当院へご相談ください。

体外受精や人工授精の場合は、実施する予定日から逆算して計画を立てて施術し、万全の体調で不妊治療に臨めるようにさせていただきます。

美容鍼の通院はどのくらいの間隔がよいの?【盛岡市 整骨院】

2017.09.27 | Category: 鍼灸治療

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

当院は顔のたるみやしわ、くすみなどに効果が期待できる、美容の鍼施術を行っております。

様々なメディアで取り上げられている美容鍼ですが、当院でも人気のメニューです。

最近では女性だけではなく、男性で美容鍼を受けられる方も増えています。

美に対して意識が高くなっていますね。

 

さて、今回は当院での美容鍼の通院間隔についてお伝えします。

 

美容はゴールがないと言われていますが、

仕事や家事で女性は特に忙しい方が多いと思います。

でも、美しくいたいという気持ちがありますよね。

 

当院の美容鍼は受ける方個人個人で通院の間隔が変わります。

 

ご本人のスケジュールと顔の状態に合わせて計画を立てます。

 

継続して受けることで美容効果が生まれるものです。

 

短い間隔の方は一週間に1回受けられています。

やはり、効果は高く満足度も高いです。

 

間隔が長い方は一カ月に一回の施術で行っております。

効果は施術後すぐであれば実感しますが、一カ月たつとやはり、顔の状態が戻ってしまうようです。

 

美容鍼を受けている方の感想を聞いていると

約2週間毎に一回の施術だと、顔の状態の悪化を感じずに過ごせるという声が多いです。

 

このことから、当院では2週間に一度の施術をお勧めしております。

 

最近では、エステ関係の方や美容部員、美容師さんなど美を作る側の方も多く美容鍼を受けに来院されています。

このような専門の方にも多くの喜びの声をいただいております。

 

ぜひ、美しくなりたい、美しさを維持したいという方は亀太郎はり灸整骨院へ気軽にご相談ください。

 

施術時間は、初めての場合はカウンセリングと施術で約30分

二回目以降は施術のみですので約20分です。

 

忙しくて、なかなか一時間などの時間が取れないという方にも最適だと思います。

 

化粧は特に落とす必要はありません。

化粧したままで施術が受けられますので、仕事帰りや、休みの空き時間などをうまく利用してご利用ください。

 

花粉症アレルギーの鍼治療に関して喜びの声【盛岡市 整骨院】

2017.09.26 | Category: 鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

当院は鍼灸の施術も行っているため、けがの治療にくる方だけでなく、様々な症状でお困りの方がご来院されます。

不眠、妊活、冷え性、耳鳴り、頭痛などの患者様も来院されますし、花粉症の患者様も来院されます。

 

今回は、秋の花粉アレルギーでお困りだった方が、当院の花粉症アレルギー施術で症状が改善した症例を紹介します。

60歳の女性の患者様です。

初診時に股関節の痛みが強く歩行が長時間出来ないことが悩みで当院を受診されました。

股関節の痛みがどこの治療院や整形外科で治療を受けても改善せずに、10年近く悩んでいたとのことでした。

たまたま髪を美容室で切っていたら、知り合いが当院のことを口コミしてくださり、来院のきっかけとなりました。

股関節の痛みは骨盤が非常に歪んでおり、左右のバランスが悪いことが原因でした。

股関節と骨盤を矯正して1カ月ほど経過すると普通に歩行ができるようになりました。

 

しかし、しばらくの間、股関節の痛みで長時間の歩行をしていなかったために筋力が落ちてしまっていました。

これまでも、病院やほかの治療院で歩行をして足の筋肉をつけるように指導はされていたそうです。

しかし、歩けない理由が股関節の痛み以外にもう一つあるということです。

それは、

「花粉症」です。

 

重度の花粉症で外を歩くとアレルギー炎症症状が強く出てしまい、夜寝られなくなってしまうというわけです。

花粉症を治してからじゃないと外を歩けないのです。

 

花粉症を鍼施術で改善できることをお伝えするとその場で開始です!!

 

最初はほんとに鍼でこんなに長年続いている花粉症が改善するの?という

おきまりの疑いの空気が流れました(笑)

 

3回ほど施術を行うと買い物などで外に出たときにマスクをしなくても花粉症の反応が出なくなったと

驚かれていました。

そして、現在は毎朝、1時間ウォーキングをしてその後に朝ごはんを食べるという非常に健康的な毎日を過ごしているそうです。

今まで、外の空気を思い切り吸うと花粉症状が現れてしまうため、深呼吸を外でやりたくても出来なかったのに、

今では毎朝外の新鮮な空気をいっぱい吸っているという報告をいただきました。

 

ご家族や知人の方にもたくさん

「股関節も花粉症もよくなった」

と言ってくれているそうです。

長年苦しんでいた姿をみていた、家族や知り合いの方も驚くとともにすごく喜んでいるというお言葉をいただきました。

 

体の痛みがなくなると自分のやりたいことをやりたいだけできるようになります。

すると生活の満足度が高くなります。

体の痛みをお持ちの方は早く改善させることをお勧めいたします。

今、治さないと歳をとる度に自己回復力は落ちてしまいます。

回復力のある今だからこそ、後回しにせずに自分の体を大切にしましょう。

足の捻挫で捻った部分以外が痛みだす?!【盛岡市 整骨院】

2017.09.20 | Category: からだの痛み,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

 

亀太郎はり灸整骨院です。

 

スポーツ大会の盛んな時期の真っ最中ですね!

皆さん、怪我なくスポーツを楽しめていますでしょうか?

先日の日本人初の100m9秒台とニュースをみて、特に陸上の短距離競技の選手は気合が入っているのではないでしょうか?

 

さて、今回は足関節の捻挫に関してです。

昔から、スポーツにケガは付き物と言われますが、足首の捻挫はケガの中でも多い外傷です。

当院にも多くの足関節を捻挫して施術を受けに来院される患者様は多いです。

 

捻挫をしたとき、早期に症状に合わせて固定をすることが大切です。

正しい関節の位置で固定を行い、負担をかけないと改善までの時間が短縮できます。

反対に、痛めてすぐに何も処置をせずにほったらかしておくと、なかなか改善せずに

結果的に治らずに、捻挫をしやすい緩い足関節になってしまうのです。

 

足関節を固定したときに、捻挫の痛みは関節の不安定感が減るため、改善します。

しかし、固定を開始した翌日や翌々日より捻挫をした部分ではない、場所が痛くなることがあります。

 

よく痛くなる場所としては、足の甲です。

 

患者様によっては、捻挫した足関節よりも足の甲が痛いと訴える方もいらっしゃいます。

この足の甲の痛みは、新たにケガが発生したわけではありません。

 

痛みの正体は

「浮腫」

です。いわゆるむくみです。

 

足関節を固定すると、ふくらはぎの筋肉の運動が極端に少なくなります。

すると、足にたまっている血液が心臓に押し戻される力が弱くなり、

足にむくみが生じます。

 

このむくみは歩いたり、足の甲を押したりすると痛みがでます。

 

では、このむくみを解消するにはどのようにしたら良いのか?

 

足関節は固定されているために動かすことは不可能です。

しかし、足の指を動かすことは可能です。

足の指を動かすと、ふくらはぎの筋肉を動かすことができますので、

血流が改善して、水分を流し、浮腫を軽減することができます。

 

また、蒸しタオルなどで温めることで血流を一時的に改善することもできます。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

体の痛みの原因はストレス!?【盛岡市 整骨院】

2017.09.17 | Category: からだの痛み,交通事故,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

健康に関しての情報誌やテレビ番組などを閲覧していると

「ストレス」

「自律神経」

などという言葉をよく目にしたり、耳にしたりする機会が増えたような気がします。

今回は、現代病と表現されることが多くなったストレスに関してお伝えします。

 

仕事や家庭、社会環境の中で人と人との関わり合いのなかで生活している私たち。

人間関係で悩んだり、仕事で悩んだりとストレスを感じている方は多くいらっしゃいます。

 

ストレスが蓄積すると、睡眠障害や摂食障害など体にとって良くない反応が現れることがあります。

「ストレスによる体の痛み」というものがあるようです。

 

ストレスによって体に痛みが出るの?と不思議に思う方もいらっしゃると思います。

ストレスによって、骨が折れたり、筋肉が切れたり、靭帯が伸びたりするようなけがは起こりません。

しかし、そういったケガがストレスが溜まっていることにより自律神経が乱れ、

痛みを過剰に感じることはあります。

 

ケガや筋肉の硬さがある(炎症がおこっている)

この状態で自律神経が乱れて痛覚、痛みを強く感じるというメカニズムです。

 

先日当院へ来院された患者様で、まさにストレス性の痛みをお持ちの方がいらっしゃいました。

今年の1月に腕に痛みとしびれの症状を訴えて、整形外科を受診した際に頸椎ヘルニアと診断を受けたそうです。

その際に、鎮痛剤と末梢神経性の疼痛に対する薬を処方されたそうです。

処方薬を毎日服用しても全く症状が変わらず。

医師からストレス性の痛みもあるという話を聞いたそうです。

 

腕の痛みとしびれが強すぎて、仕事を続けることが困難になり、2か月後に退職したそうです。

 

すると、全く薬を服用しても変わらなかった症状が退職した日にピタッと無くなったそうです。

実は、患者さん自身がその職場において人間関係で非常に悩んでいたとのことです。

 

患者さん自身も、ほんとにストレスが痛みに関係あるんだと驚いたそうです。

 

頭痛が起きやすい方もストレスが痛みを増幅させるケースがあります。

休みの日だと頭痛が出ないが、仕事前や会議の前になると必ず頭痛が強くなるという方はストレス性が考えられます。

 

しかし、ストレスのせいにしてばかりもいられません。

結局、ストレスによって増幅する痛みにはなにか原因があるのです。

 

骨格のゆがみや硬い筋肉など痛みのそもそもの原因を根本的に治さないといけませんよね。

 

安心して何でも相談できるかかりつけの整骨院を目指しています、亀太郎はり灸整骨院へご相談ください。

間欠性跛行は治らない?!【盛岡市 整骨院】

2017.09.16 | Category: からだの痛み,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

本日は間欠性跛行に関してです。

間欠性跛行とは、

脊柱管狭窄症や閉塞性動脈硬化症などの疾患をお持ちの方に出現する症状です。

歩行し始めは何の症状も感じないのですが、しばらく歩いていると足に痛みやしびれが出現し、歩けなくなり

しゃがんだ姿勢で休憩すると楽になり、また、しばらく歩きだせるというものです。

 

当院には脊柱管狭窄症でお困りの患者様が来院されます。

脊柱管狭窄症=間欠性跛行があると思いがちになりますが、脊柱管狭窄症でも間欠性跛行がない方もいらっしゃいます。

 

昨日、当院に久しぶりに来院された患者様は首をひねって来院されたのですが、この方は一年前脊柱管狭窄症と整形外科で診断され、注射や投薬を受けていましたが症状が悪化するばかりで

ひどい間欠性跛行の症状が出現していました。症状が良くならないため、当院へ転院をしてきた患者様でした。

当時は待合室からベッドまでの10mくらい歩くのもつらく大変な状態でした。

脊柱管狭窄症自体を治すことは非常に困難なのですが、間欠性跛行の症状を緩和することは可能です。

 

腰部に負担のかかる骨格で生活をすることが多いと結果的に腰の筋肉が固くなったり、脊柱管が狭くなったりします。

しかし、腰に負担のかかる骨格を正しい位置に戻すような施術を行うと時間はかかる方が多いですが、

間欠性跛行が楽になったり、消失する場合があります。

また、それ以上の進行を防ぐことができます。

 

今回ご紹介している患者様は見事に一カ月程度、週二回ほどの骨格矯正を行ったら症状が完全に消失したそうです。

 

それ以来一度も間欠性跛行が出現することはなく、仕事にも復帰されたとの喜びの言葉をいただきました。

 

 

 

脊柱管狭窄症は確かに感知するのは非常に困難ですが、根本的に正しい腰に負担のかからない骨格作りと筋力づくりは大切です。

 

なお、当院の脊柱管狭窄症の患者さんへの施術は弱い刺激で行います。

骨格矯正も腰に負担のかからない柔らかい矯正法です。

安心してご相談していただければと思います。

平成29年9月19日(火)の予約優先のお知らせ

2017.09.16 | Category: からだの痛み,交通事故,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

今日からお休みの方は9月18日が敬老の日で祝日のため、3連休という方もいらっしゃいますね。

皆様、予定はたっておりますでしょうか?

 

今週末で、新人戦も行われる競技がたくさんありますね。

 

昨日は、今日の新人戦に出場するために施術やテーピングを受けに来院される患者様が多数いらっしゃいました。

今のところ盛岡市は曇りではありますが、雨は降っておりません。

このまま天気が持つと良いのですが(^^)/

 

さて、18日(月)は当院も祝日のために休診となります。

19日(火)からの診療開始となります。

 

連休明けはいつも患者様で混みあうことが予測されます。

そこで、少しでも待ち時間を短縮させるために

「予約優先日」とさせていただきます。

 

まだ、空き時間はありますが、ほぼ埋まってきております。

もし、ご来院を希望される方は早めの予約をお願いいたします。

 

また、翌日の20日(水)も午後のみ予約優先日とさせていただいております。

こちらはまだ、空きがありますのでご予約をお待ちしております。

 

予約優先ですので当日の飛び込みももちろん対応させていただきます。

 

 

今日からの3連休、けがの内容に楽しくお過ごしください。

また、選手の皆さんのベストプレーを願っております。

 

連休に遠出をされる方はくれぐれも交通事故にお気を付けください。

 

季節の変わり目、夕暮れ時のライトをつけるかつけないか迷うくらいの時間帯が事故が多発するようです。

ぜひ、早めのライト点灯で安全を確保しましょう。

 

ケガをしてしまった際は、まずは安静と冷却。

連休が明けましたら早めの受診をお勧めいたします。

初期処置の速さと正確さがその後の改善に大きく影響します。

 

体のことで何かお困りでしたら気軽に亀太郎はり灸整骨院へご相談ください!!

ぎっくり腰にも種類がある?【盛岡市 整骨院】

2017.09.15 | Category: からだの痛み,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

 

亀太郎はり灸整骨院です。

 

朝晩と昼との気温差が非常に大きくなってきているこの頃、筋肉も寒さで固まりやすくなっております。

筋肉が固い状態で動作をした際に筋繊維を損傷してしまうことがあります。

 

ふくらはぎで発生すると歩行時に痛みを感じます。

腰部で発生すると腰痛、炎症が強いとぎっくり腰となってしまいます。

 

ぎっくり腰になると日常生活の動作レベルが強い痛みによって著しく低下します。

一刻も早く改善したいと思う患者さんがほとんどです。

 

ぎっくり腰でも主に痛めている筋肉によって痛みの出方や姿勢に違いが生まれます。

痛みの出る場所や姿勢から治療のポイントも変わってきます。

今回は、ぎっくり腰になったさいに早く改善をできるようにぎっくり腰の種類に関してお伝えいたいと思います。

 

今回は施術者や治療家向けの内容になりそうです。

 

ぎっくり腰は3つのタイプに分かれます。

 

1、大腰筋タイプ

2、脊柱起立筋タイプ

3、腰方形筋タイプ

 

1、大腰筋タイプ

特徴

前かがみ姿勢(背筋をまっすぐにできない)で来院する

上半身を起こすことができない

腰や背中の筋肉を押しても圧痛点がない

 

2、脊柱起立筋タイプ

特徴

直立不動で姿勢を前にも後ろにも曲げることができない

腰や背中にかけて筋肉を押すと圧痛がある

腰部の下部に痛みが出ること多い

しかし、腰部と背部の境目の筋緊張が強い

 

3、腰方形筋タイプ

特徴

動かなければあまり痛みを感じることはないが動き始めに強い痛みを感じる(動作開始時痛)

ぎっくり腰の3タイプの中では比較的軽症

腰の下部からお尻の筋肉にかけて痛みを自覚しやすい

 

 

姿勢からみて施術方法を選ぶ

腰を前かがみにすると痛みが出る場合(デスクワークをしている方に多い)

腰方形筋や大腿四頭筋を主に施術対象とする

 

腰を後ろに反ると痛みが出る場合(中腰姿勢や立ち仕事に多い)

ハムストリングス、臀部の筋肉を主に施術対象とする

 

ぎっくり腰は筋肉が強く炎症を起こしているケースが多いので直接痛んでいる筋肉を施術するよりも

下肢の筋肉を施術対象として筋膜の流れを考えながら施術することが大切と考えます。

 

また、コルセット等をうまく使い安静にする時期とコルセットを外してストレッチや軽い運動をし始める時期とをしっかりと判断することによって

早期の回復、仕事への復帰が期待できます。

 

ぎっくり腰になったらまずは当院へご相談ください。