盛岡市の亀太郎はり灸整骨院の労災施術について

労災保険を使って施術を受けた場合は窓口負担金は0円です

仕事中や通勤途中に怪我をされてしまったという場合には整形外科などの病院や整骨院にて労災保険を使用して施術を受けることが出来ます。病院では労災保険が使えるとご存知でも、整骨院では自費施術になってしまうのでは…と思われていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院は労災指定医療機関として認定されておりますので、病院と同様に労災保険適用での施術が受けられるのです。

「労働中に怪我をしてしまったという場合」

仕事中の怪我というのはさまざまなケースがございます。たとえば現場仕事で足場から転落してしまい骨折をしてしまった、配送業で重たい荷物を持ち上げようとしてぎっくり腰を負ってしまった、介護現場で利用者を移乗させた際に腰を痛めた、その他にも長距離の運転で慢性腰痛を負ってしまったなど、お仕事の内容によっても怪我の種類や程度も異なります。こうした労働中の怪我、そして通勤途中に転倒してしまったり、事故に遭われてしまったというようなときに当院で労災施術が受けられます。朝の通勤時間や会社からの帰宅時間での怪我も労災保険が適用になります。通勤帰宅時にいつもと違うルートを通りそこでケガをしてしまった場合は適応にならない場合がありますのでご注意ください。

「労災の施術の費用は?」

整骨院で労災施術を受ける場合には、施術費は国庫からの支給となり、自己負担はございません。お客様は保険証や身分証明書をご持参の上ご来院ください。また、労災保険を使用しての施術は申請する際に簡単な書類が必要となります。初めての方がほとんどですので、どのようにしたら良いのかわからなくて当然です。書類の準備や会社への手続きなどもアドバイスさせていただきますので安心してご利用ください。

「当院で施術した過去の労災の一例」

仕事中に体を痛めてしまったが、本当に労災として認めてもらえるかどうか不安だと思います。過去に当院へお越しになった労災施術の方の例を一部ではありますがご紹介いたします。参考にしていただければと思います。

・出勤中にスリップして交通事故を起こしてしまった。

・介護業務中に前かがみになったときに腰を痛めた。

・調理の仕事で繰り返し手首を使用し手首を痛めてしまった。

・保育園で後方から子供がぶつかってきて膝を痛めた。

他にも様々な理由で仕事中に体を痛めて、労災として当院へ施術を受けにお越しにな

るお客様がいらっしゃいます。会社には労災になるのか聞きにくいという方は当院へ気軽にご相談ください。何かお力になれるように努めさせていただきます。

「労災はパートタイマーやアルバイトでは使えないの?」

労災保険は正社員じゃなければ使えないのでは?と思い込んでいる方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。労災保険はパートタイマーやアルバイトとして業務している方々でもしっかりと使用することが出来ます。「労働者災害補償保険法」に基づいて、業務中や通勤途中に労働者がケガをした場合に所定の保険が給付される制度です。労働者とは職業の種類を問わず、事業に使用され賃金を支払われる者のことですので、正社員はもちろん、パートタイマーやアルバイトの方々も含まれます。

「自分のミスで通勤中に交通事故を起こしてしまった、労災使えるの?」

通勤帰宅中に自分自身のミスで交通事故を起こしてしまった。そして、体にケガを負ってしまった。このような場合は労災保険が使用できないのでは?と思うかもしれません。携帯電話を見ながらの運転や飲酒運転などの法に触れてしまうような重度の過失の場合は難しいですが、注意をしていたつもりが運転ミスで交通事故を起こしてしまった場合は労災が適応になることが多いです。勤務途中にぶつけられて被害にあったという場合だと労災保険が使えるのは容易に想像がつくと思います。自分がぶつけてしまったという加害者の場合でも労災保険は使用することが出来ます。

料金表はこちら