後遺症

後遺症を残すことが無いように根本的な原因に対して施術を

当院では、むちうちを始めとした交通事故による怪我に関してそれぞれのお客様の状態に最適な施術をおこなっております。小さな事故で特に怪我もしていなかった、と思っていても放っておくと後から痛みが出てきたり、その痛みが後々まで後遺症として残ってしまうこともございます。後遺症を残さないためには、早めの施術開始が非常に重要なポイントとなります。

「時間が経ってから突然出てくる症状」

後遺症が残りやすい怪我として、むちうちが挙げられます。交通事故直後には痛みを感じなくても、数日たってから突然痛みや運動制限、痺れなどの症状が出てくることがあるのです。交通事故直後には、精神的に興奮や緊張状態にあり痛みを感じないということもございますし、むちうちの場合には後から症状が出てくるという特徴があるのです。自己判断はせずに当院に気軽に相談していただき、検査を受けることが後遺症を残さないために大切なことです。

「交通事故のケガに適した施術を受けましょう」

交通事故による怪我は一般的な施術だけでは不十分なことも多いので、整骨院で適した施術を受けるようにしてください。お客様の状態によっては適した施術方法が変わります。流れ作業の様な施術は症状の改善に時間を要したり、思うように症状が改善しないという結果を招くことがあります。ケガの状態に適した施術だからこそ後遺症を残すことなくしっかりと改善させることが期待できるのです。