ついに路面凍結。通勤時の交通事故に注意して下さい!【盛岡市 整骨院】

2017.11.20 | Category: からだの痛み,交通事故

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

今朝の盛岡市は、うっすらと雪が積もりました。

私の車もフロントガラスが凍っていました。

路面も完全に凍結しているわけではありませんが、日陰や白線の上は凍結しているようでした。

 

国道4号線もいつもよりノロノロ運転の車が多く、

いよいよ冬本番が近づいてきたな~と感じました。

 

先ほど、朝一番でご来院してくださった患者様は八幡平市からの来院でしたが、

「私の前の車が、信号待ちの車に追突したんです!!」

とお話してくださいました。

 

ちょうど日陰になっている場所だったらしく、ブレーキを踏んだが間に合わず、

止まることができずに追突したようです。

 

もし、自分が追突してしまったら・・・と考えるとゾッとしますね。

 

交通事故に気をつけなきゃと思っていても、いざ、目の前で実際に交通事故をみると他人事ではないんだなと思いますよね。

 

私はすでにタイヤ交換を済ませました。

 

しかし、数年前までは雪が降ってからでいいかとぎりぎりまで交換をしませんでした。

タイヤの減るのがもったいないという理由です。

最近は、多くの交通事故の患者様を診させていただいて話を聞いているといかに交通事故は大変なものなのかがわかったので

早めに交換をしています。

 

タイヤ販売店の店員さんにタイヤの交換時期に関してお伺いすると、

タイヤはゴムの柔らかさが重要だそうです。

スタッドレスタイヤはゴムが柔らかいことにより地面との設置面積を増やし、グリップを強めて滑るのを防ぎます。

 

スタッドレスタイヤの溝は、凍結路面に水分がある状態が一番滑りやすい路面状況で、この水分をかき出す働きがあるとのことです。

溝の深さが浅くなると水分をかき出す性能が低くなるために滑りやすくなります。

 

タイヤ溝が減るのがもったいなくて、交換時期を遅らせてしまいがちになりますが、

タイヤを製造してから3年するとタイヤは硬くなってしまうそうです。

遅くても、5年使ったらゴムが固くなりかなり性能が悪くなるようです。

 

3~5年で交換するべきなのであれば、大切に使って多く溝を残したまま交換するのではなく、

しっかりと使用して早め早めに交換したほうが良いなと思いました。

滑ってしまって、交通事故を起こしてしまったら意味がありませんからね。

 

 

他の交通事故の被害者様で車が全損で廃車になってしまった方がこんなことを言っていました。

「車を新しく変えることになったのですが、前もっていつに変えようと計画を経てて車を変えるのと違い、

急に乗っていた車とお別れになると心の準備ができていないのですごくショックでした。思い出ごと失ってしまったような気がします。」

と。

 

新しい車が用意されても、何か心がもやもやして納得がいかないようでした。

交通事故は体に傷を負うことも怖いですが、精神的な傷を負うこともあります。

交通事故に遭ってしまったあとは、数日間は寝るときなどにフラッシュバックのように交通事故の瞬間を思い出してしまったり、

追突された後は、信号で停車するたびに後続車がちゃんと停まるかどうかバックミラーで確認してしまうそうです。

 

しっかりと交通事故に遭わないような準備をしておく必要がありますね!!

 

交通事故で体にケガを負ってしまった方は当院へご相談ください。

整形外科との併用も可能です。自賠責保険や労災保険の取り扱いもしております。

 

亀太郎はり灸整骨院交通事故ページはこちら