腕を上がりやすくするには肩甲骨が大切です【盛岡市 整骨院】

2017.11.09 | Category: からだの痛み,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

今回は、40歳から50歳にかけて発症しやすい肩関節の傷病に関してお伝えします。

この年代になると「四十肩」「五十肩」という肩関節から上腕にかけて強い痛みと運動制限が発症しやすくなります。

 

腕が上がらない、肩が痛いという症状がでると一般的には四十肩、五十肩を考えがちになります。

 

しかし、すべてが当てはまるわけではありません。

実際に当院に来院される患者様で

「先生、五十肩になっちゃったよ~。周りの人にそういわれて。これって一年ぐらいかかるんだよね?」

と患者様自身が五十肩になってすぐには治らないからしょうがないと決めつけている方がいます。

 

夜に寝ていて痛くて目が覚める、「夜間痛」というものがあります。

この夜間痛がある場合ですと四十肩、五十肩の可能性が高くなります。

 

夜間痛がない場合は、一時的に肩関節周囲の筋肉が炎症を起こしたり、筋肉が固くなり動きが悪くなっているだけのことがあるのです。

 

先日来院された患者様はアパレル関係の仕事をされている方でした。

「腕が上がらない」とお客さんに話したところ、

ほとんどのお客さんに

「それ、四十肩だよ。」

という風に言われたそうです。

本人もその気で、これはしょうがないものだと思って二週間くらい過ごしていたそうです。

しかし、お客さんの一人に

「私、四十肩だと思っていたら実は違ったみたいで治療をしたらすぐ動くようになったよ!」

と言われ、当院を勧められて受診してくださいました。

 

実際に患部を確認していると確かに腕が70度くらいしか上がっていません。

シャツの裾をズボンにしまうような腕を後ろに回す動きは痛くてできていませんでした。

 

しかし、夜間痛は無い状態でした。

腕というのは、上腕骨、肩甲骨が連動して動きます。

今回の患者様は肩甲骨の動きが非常に悪く、肩関節も内巻き肩になってしまっていました。

鍼施術を行い筋肉を柔らかくし、内巻き肩と肩甲骨の動きを改善させたところ、施術後は一度目の施術にもかかわらず可動域が広がっていました。

 

原因は肩甲骨にありました。

 

その後、週に二回の施術を行ったところ3回目の施術後にはさらに可動域が広がり、

4回目の受診時には

「先生、ほとんど痛みが気にならなくなった。あのまま治療に来なかったらどうなっていたんだろう。」

という喜びの声をいただきました。

 

四十肩、五十肩というと肩関節のみを意識される方が多いかと思います。

しかし、人間の体は思ったよりも複雑です。

原因さえ分かってしまえば良いのですが、その原因は素人ではわからないかもしれません。

 

また、最近はインターネットで様々な知識を得ることが容易です。

患者様自身が自分の症状を検索して、傷病名を決めてしまっていることがあります。

今回の患者様も四十肩五十肩と決めつけたままで治療を行っていなかったら、今頃はまだ痛みが強かったかもしれませんね。

 

もし、体の痛みでお困りの際は亀太郎はり灸整骨院へご相談ください。

 

四十肩五十肩でお困りの方はこちら