マラソン大会シーズン!!ランナーの膝の痛みでお困りの方へ【盛岡市 整骨院】

2017.10.31 | Category: からだの痛み,鍼灸治療,骨格矯正

こんにちは(^-^)

 

盛岡市・滝沢市地域で皆様の健康を応援、サポートさせていただいております。

亀太郎はり灸整骨院です。

 

皆様、スポーツの秋を楽しんでいらっしゃいますでしょうか?

健康意識の高い方が増えているせいか、ランナーの患者様が増えています。

 

体重が増えすぎて運動を始める方、子供と長く一緒に遊ぶために体力づくりとして走っている方、美しいボディラインを作るために鍛えている方など目的は様々ですが、運動を日常生活に取り入れている方増えています。

 

その中で、ランニングはやはり手軽にできるし、お金もかからないということで人気があります。

 

秋はマラソン大会が目白押しです。

あちこちで毎週のように大会が開催されています。

この日曜日も釜石のマラソン大会に出走予定の方がテーピングを受けに来院されました。

 

先日、マラソンランナーが膝を痛めて来院されました。

走ることを始めたきっかけは子供がテニスをしていて、休みの日に一緒にテニスを長く続けれるようにという素晴らしい目的でした。

走っているうちに走ることの楽しさのとりこになり、今では毎週のように大会にエントリーしているとのことでした。

 

しかし、初めてのフルマラソンに出場した際に右ひざの外側の靭帯を痛めてしまったのです。

整形外科でレントゲン撮影をしても骨に異常は無し。

治療も特になく、走ると痛みが出るという状態です。

このままでは、根本的に治らないのでは・・・

と心配になって当院へ転院されました。

 

患部を診させていただくと、

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)

でした。ランナーに多く発生する傷病で私自身もランナー時代に経験がありました。

 

症状としては、ゆっくり走る分には痛みは発生しないのですがスピードを上げて走ると膝の外側に強い痛みが発生するのです。

ランナーとしてはタイムを出したいのに早く走ると痛みが出てしまうので早く走れないという非常にストレスのたまるケガです。

 

原因は膝の外側の靭帯が大腿の骨に擦れて炎症をおこしてしまうことです。

 

靭帯の炎症が原因ですが、治療は膝だけではなく骨格から矯正します。

傷めている膝に負担がかかりやすいバランスで長い距離を走行するためにケガをしてしまうことを防ぐためです。

 

実際に長年、膝を治療したが改善しなかったランナーが骨盤のバランスを改善したところ痛みが出なくなったという症例があります。

 

私自身も膝の治療に加えて全身のバランスを意識するようになってから痛みが出にくくなりました。

 

 

ベストコンディションでマラソンを走りたいというランナーの方、ぜひ、当院へご相談ください。

亀太郎はり灸整骨院のスポーツ障害ページ